医院案内

bn_tel_sp.png メールでのお問い合わせ

診療時間

 日・祝
9:00~13:00 × ×
15:00~19:00 × ×

※休診日:木・日・祝日

初診・急患随時受け付けておりますが、予約優先で治療を行っているためお待たせすることがあります。
できる限りお電話にて予約を取っていただけると幸いです。

アクセス

たかだ歯科は、阪急逆瀬川駅下車、東口を出て逆瀬川沿いを川下に徒歩3分です。

場所がわからない場合はお気軽にお電話ください。

〒665-0035
住所:宝塚市逆瀬川1丁目15-7 
TEL:0797-73-7575

阪急逆瀬川駅からの道案内

阪急逆瀬川駅の改札を出たところです。
東口の階段から降りてください。
ここから徒歩約3分です。(信号にひっかかると5分くらい)

矢印

歩道橋を右手(逆瀬川の川下の方)へお進みください。

矢印

歩道橋をおりまして、信号を渡ります。川沿いの道をさらに川下の方へお進みください。

矢印

到着です!

院内案内

受付・待合室

受付でご不安なことや疑問点などは何でもどんどんお聞きください。
当院は予約制ですので、お帰りの際に次回のご予約をお取りします。(お電話でも承っております。)
待合室には各種雑誌を置いております。また、リラックスできる音楽もお楽しみください。
診察時、治療完了時にはお名前をお呼びしますので、しばらくお待ちください。

カウンセリングコーナー

患者様の状態、今後の治療方針等をじっくりと納得いくまで話し合うためのスペースです。
気になること、不安に思われていることなど遠慮なく何でもお話しください。

キュアゾーン

治療を行うためのスペースです。
患者様のことを考えて、考えうるベストな方法で院長が治療に当たります。
安全・確実な治療を行うため、マイクロスコープなどの最新の機器も装備しております。

ケアゾーン

このスペースでは、ほとんど治療は行いません。
主にPMTC、ホワイトニング等、皆様にリフレッシュしていただくことを目的としています。

CT

CTを導入しており、 鮮明な3D画像を得ることができます。X線照射量を抑えながら高品質画像を取得することができます。
また、各ユニットとLAN構築することにより、瞬時に画像が モニターに映し出されます。

消毒・滅菌・感染対策

消毒・滅菌ゾーン
感染対策には特に力をいれ、オートクレーブのみではなくガスクレーブも導入し、感染防止対策に努めています。更に突発的感染事故対策のため、汚染された器具に極力触れないようにシステム化しています。

高圧蒸気滅菌装置
通常の滅菌はこの装置で行います。121℃20分で安全に確実に滅菌できます。

ガス滅菌装置
高温に耐えられない樹脂、ゴム製品や高温、高圧化で劣化しやすくなる刃物などを滅菌する時に用います。

空気清浄機
歯科治療時には目に見えない粉塵がでます。それらを取り込み綺麗な空気として循環させる装置です。

治療・検査のための機器

マイクロスコープ
手術用実体顕微鏡です。20倍に拡大して治療することにより、非常に精密な治療が行えます。

細菌観察用顕微鏡

DACユニバーサル
ハンドピース滅菌装置です。
この機器は、器具のすすぎ、洗浄、注油、滅菌を自動的に行います。
器具の隅々まで確実に滅菌することができます。

ダイアグノデント
虫歯の程度や歯にできた亀裂の有無を数値化して客観的に判断することができる機器です。

オペレーザー
高出力のハードレーザーです。齲蝕予防、小外科手術、手術後の治癒促進などに効果があります。

アルカスディグマⅠ.Ⅱ
下顎運動測定装置です。咬合治療に用いることにより、客観的に正しい咬み合わせを確認できます。

たかだ歯科の診療理念

「一生を通じて、天然歯で美味しく!楽しく!」

それがたかだ歯科の掲げる診療理念です。かつてと比べ、義歯やインプラントなど歯科医療技術は飛躍的に向上してきました。それでも天然の歯に勝るものではなく、もともとの自然の歯だからこそ味わえる楽しみはたくさんあります。

美味しいものを美味しいと感じながら食べることができる。

そんな毎日を、70才、80才になっても続ける幸せを感じていただくために、たかだ歯科は一本でも多く自然な歯を残す努力を怠りません。治療だけでなく定期的な検診やメンテナンス、また歯に関するお悩みを何でも気軽にご相談ください。患者さまの生涯の健康を守るホームドクターとして長いお付き合いをいただけることを願っております。

院長プロフィール

院長:高田 剛

経歴

平成12年 岡山大学歯学部卒業
平成12~18年 かとう歯科、西本歯科、あぼ歯科に勤務
平成18年 たかだ歯科を開業

所属

  • 日本補綴歯科学会
  • 日本臨床歯周病学会
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本顕微鏡歯科学会
  • 日本歯科医師会
  • 兵庫県歯科医師会
  • 宝塚市歯科医師会

院長インタビュー

Q

歯科医師を志した理由はありますか?

A

親が歯を悪くしたせいで、長く苦労していたのをずっと見ていたというのが大きいのかなと思います。
また幼い頃から細かい作業が好きで、歯科医師はまさに天職だったのかもしれないですね。我ながら職人気質なところがあると思っています。

Q

逆瀬川で開業された理由は?

A

生まれも育ちも逆瀬川で、実家が本当にすぐそばなんです。開業するにあたって、最初からこの場所しか考えていませんでした。よそに行く気はさらさらないですね。やはり慣れ親しんだ土地に対する、地元愛というものかもしれません。

Q

院内のこだわりはありますか?

A

機材や機器については、「言い訳したくない」という思いがあります。患者さまをお迎えするにあたって、事前に準備できることはきちんとやっておきたいという気持ちです。
またケア(予防)とキュア(治療)が両立する院内の構造や体制づくりに努めています。つまり歯科医師と歯科衛生士、ほかスタッフ一同が自分のやるべきことに専念できる環境ですね。
どんなときでもベストを尽くせる体制を整えて、患者さまにとって一番よい環境を構築したいと考えています。

Q

歯科医師としてうれしく思うことはどんなことですか?

A

やはり、「ちゃんと噛めるようになった」というのが一番なのではないでしょうか。また「全然痛くなかった」というお声も、たかだ歯科のコンセプトのひとつである無痛治療をきちんと完遂できた達成感を感じます。
「スタッフの人がみんな明るくて来やすい」と聞いたときもうれしかったです。

Q

患者さまにとって、どういう医院でありたいと考えていますか?

A

歯医者にとって「歯を抜く」というのは本当に最後の手段で、簡単に「抜きましょう」とか「削りましょう」とか言う者にだけはなりたくない、という思いがあります。僕の師匠の師匠にあたる、森克栄先生の考えに大きな影響を受けました。
歯を守るには、患者さま自身で頑張っていただく部分がもちろん大きいですが、それをとことんサポートするのが歯科医の使命です。ちゃんと歯を守る、一生自分の歯を使えるように手助けする。そんな歯科医院でありたいと思います。