一般歯科・根管治療・歯周病

bn_tel_sp.png メールでのお問い合わせ

一般歯科とは

虫歯や歯周病の治療、また義歯の作製など、保険診療を中心に多くの患者さまが通院治療を受けるものを一般歯科と呼びます。
ただ治療に使用する材料などによっては、自費診療を選ぶことでよりよいものにすることもできます。

虫歯の治療

虫歯菌が出す酸によって歯が溶かされてしまう病気が、いわゆる虫歯と呼ばれるものです。虫歯菌はお菓子などに含まれる砂糖で活発化し、歯の隙間などにたまった歯垢の中で酸を産生するようになります。そのため毎日の歯磨きでなるべく歯垢を取り除くことが、何より虫歯の予防に役立ちます。

また虫歯はごく初期であれば完治できますが、進行して溶けてしまった歯は元に戻すことができません。そのため普段のご家庭での予防と、定期的な検診で虫歯を初期の内に発見、治療することがとても重要です。

根管治療

根管治療とは、歯茎の中にある根っこの部分を治療することです。
そこには細い血管と神経が通る管があるため、虫歯が悪化してそこまで到達してしまうと歯茎の中が痛み、血管の中まで菌が入り込んで細菌感染を起こしてしまいます。

この頃には歯に激痛が走るようになっており、患部を丁寧に取り除いて再び侵入しないようフタをします。歯を私たちの家にたとえるなら、歯根はその基礎部分にあたります。基礎がグラグラの家は、いくら豪華に建てたところでいつ崩れてもおかしくありません。歯根も同じで、歯の予後を考えて丁寧に根気をもって治療にあたります。
当院では、清潔な状態にした歯根に再び菌が入らないよう、ラバーダムというカバーを使用します。

歯周病(歯槽膿漏)の治療

かつて歯槽膿漏と呼ばれた歯周病。日本ではこの歯周病が、歯を失う原因として最も多いものとなっています。
歯周病は初期の自覚症状がほとんどないため、悪化して痛みが出てくるまで気づかないのが恐ろしいところです。それでも我慢していると、骨が溶けて手遅れということも少なくありません。実は日本人の7~8割もの人が歯周病にかかっているにもかかわらず、自覚症状がないために「自分は関係ない」と思っているのが実情です。

そして歯周病によって溶けた歯や骨は、現在の医療技術では元に戻すことができません。さらに歯周病は、さまざまな全身疾患などと深い関係があるといわれています。

  • 糖尿病
  • 肺炎
  • 虚血性心疾患
  • 低体重児出産や早産

これらは体内に入り込んだ歯周病菌との因果関係が確認されている疾患です。
一生、自分の歯でしっかり噛んで健康を保つためには、今すぐ歯周病対策を始めましょう。