小児歯科

bn_tel_sp.png メールでのお問い合わせ

お子さまの虫歯や歯周病を放置すると、将来への悪影響となります。

お子さまの虫歯や歯周病の治療、また歯並びや嚙み合わせについても、生活習慣やブラッシングの指導などを通じてケアをおこなうのが小児歯科の役割です。
「いずれ永久歯に生えかわるから大丈夫」と、お子さまの虫歯や歯周病を放置してはいけません。味覚の形成や顎の成長など、将来にわたって大きな影響を及ぼしかねないからです。

お子さまの健康管理は、やはり保護者の方が注意してあげなくてはならないと思います。
虫歯などになりやすい部位は大抵決まっていますから、また小さい頃から歯科医院に慣れ親しむことで、早めの予防・治療が可能となります。

スタッフ一同自分の子どもに接するような気持ちで、乳歯のうちからお子さまの健康管理をしっかりおこない、成長バランスを見ながらサポートをしてまいります。

シーラント

シーラントは、奥歯などの小さな溝に埋め込むプラスチック製の樹脂です。お子さまの六歳臼歯や奥歯や、生えたばかりの頃は未成熟のため弱く、虫歯になりやすいという性質があります。そこでシーラントを埋め込むことで、虫歯菌の侵入をシャットアウトします。

フッ素

フッ素には、歯質を強化するだけでなく、歯の再石灰化を助けて虫歯菌から守る効果があります。そこでフッ素を歯の表面に塗布することで、膜をつくってしまうのが有効となります。
フッ素を塗布した場合と、塗布しなかった場合とで、虫歯リスクがおよそ30%も変わるという研究報告もあります。