インプラント・入れ歯・ブリッジ

bn_tel_sp.png メールでのお問い合わせ

インプラント治療で、天然の歯に最も近い見た目と機能を。

失われた歯は、もう一度生えてくることはありません。その機能と見た目を補うにはいくつかの方法がありますが、最も優れているのがインプラント治療です。
チタン材を使った人工歯根を顎の骨に埋め込むことで、かぶせた義歯がズレたり違和感を生じたりすることがなくなり、また脱着してのケアが不要となります。

ご自分でのブラッシングによるケアと、クリニックでの定期的なメンテナンスを欠かさずおこなうことで、インプラントは半永久的にあなたのお役に立ちます。

インプラントのメリット

  • 顎の骨で固定されるからしっかり噛め、ほかの歯に負担がかからない
  • 見た目が自然
  • ずれたり外れたりすることがない
  • 食べ物の制限がなく、口内の不快感・違和感が解消される

インプラントのデメリット

  • 治療が外科手術となる
  • ほかの方法よりコストがかかる
  • 定期的なメンテナンスが必須
  • 治療期間が比較的長い

痛みがなく、よく噛める入れ歯をあなたに。

失った歯を補う治療法として、最も気軽なものが入れ歯といえます。ただし、噛んだときに痛みがなく、違和感のないものに仕上げるには、患者さまの顎の状態を正しく把握する丁寧な診断が重要です。

アタッチメント義歯

従来の入れ歯は、金具が外から見えてしまう欠点がありました。アタッチメント義歯なら、特殊な金具を使っているので外見的にそれらが見えません。他人に入れ歯を使っていることを知られず、毎日の生活を送ることができます。

バイオシリコン義歯(コンフォート)

バイオシリコン義歯は、歯茎と義歯が接触する部分をやわらかい生体シリコンで覆ったもので、通常の入れ歯ではどうしても痛いという方におすすめです。またシリコンの持つ密閉性により、入れ歯が外れやすいという問題も解消されます。

チタン床義歯

軽くて生体親和性に優れたチタンを使った入れ歯です。通常の入れ歯(コバルトクロム合金)よりも軽くて丈夫なだけでなく、金属アレルギーの心配も軽減されるのがメリットです。

ノンメタルクラスプデンチャー

義歯を固定するクラスプ(金属バネ)のない、快適な部分入れ歯です。軽く、うすく、入れ歯と気づかれにくいだけでなく舌触りもよいというメリットがあります。